リース料金は固定されるのでランニングコストの把握もしやすい

今更聞けないサービスの使い方


複合機やコピー機は会社では必需品ですが揃えると初期費用はかなりかさんでしまいますが、リース契約だとその初期費用を抑えることが出来ます。
また月々のリース料金は固定されるのでランニングコストの把握もしやすいです。
また複合機などは新機種も多く出るので契約の更新の際に新機種を契約すれば新しいものを使えるので効率も上がったりすれば会社としては良い事です。

また月々のリース料金や保守金で支払っているので故障や修理の時は業者がスムーズに対応してくれます。
トナーなどのメンテナンスや不具合のケアもしてくれるので自分であたふたしなくて良いのもメリットです。

デメリットとしては途中解約出来ないこと。
その場合違約金なども発生するので契約期間はしっかり考えた方が良いでしょう。
また所有権はないので勝手に売却なんてもってのほかです。
総合的に支払い合計は購入するよりも高くなるので、自分に合った賢いリース契約を結ぶことが大切です。