自分のデイサービスをしたい、と会社を設立 | 今更聞けないサービスの使い方

今更聞けないサービスの使い方

自分のデイサービスをしたい、と会社を設立

自分のデイサービスをしたい、と会社を設立

奈良
元々は介護の仕事に従事しておりました。
約10年ほど様々なジャンルの介護系の仕事に携わってきて、「自分でデイサービスを立ち上げたい」という思いが芽生えました。
介護保険でデイサービスを始めるには法人格が必要であったため、株式会社を設立し、介護保険事業所の指定を受けて経営をしております。
法人格ですと合同会社やNPO法人でも大丈夫なのですが、一番手軽でコストも総合的には少なくて済ませるには株式会社がベストでしたので株式会社の設立を選択しました。

株式会社を設立

法人設立には資本金(30万円)も含めて約60万円です。

選択肢としては株式会社かNPO法人が一番運営形態に近かったのですが、株式会社でも資本金は1円からできるという点と、NPO法人なら6カ月くらいはかかる反面、株式会社では最短で1カ月かからないというスピードが決め手となりました。
合同会社設立という手もありましたが、信頼度のたかそうな株式会社にしました。

起業のスケジュールは計画的に!

会社を設立すると毎年の決算が必要です。初年度では法人設立から1年以内に決算をする必要があり、実際には8月からの事業開始で12月に決算を迎えるというバタバタなスケジュールとなりました。また毎年の決算では会計士さんへの報酬コストもかかってきます。
会社設立によって法人税もかかりますし、社会保険や源泉取得税など様々なお金が出ていきます。しかし設立のメリットとしては何と言っても社会での信頼が一番強いです。
法人設立当初はまだまだ信頼とまでいきませんが、決算も2期辺りになると会社のクレジットカードも簡単に作れますし、車両などのローン購入もスムーズになります。