家族葬の一番大きな利点は料金の安さであると思います。

今更聞けないサービスの使い方

家族葬をきっかけに関係を修復

家族葬をきっかけに関係を修復

数年前、父方の祖父が川口市内で事故に会い急逝しました。
父はすでに亡くなっており、母とは折り合いが悪く、私も疎遠になっていました。
祖母や伯母は少し変わっており、葬儀は行わないと言いました。
しかし、父も祖父も亡くなってしまい、きちんと供養しないと私たち兄弟の今後が心配だと訴え、簡単ではありますが家族葬を行いました。

変わり者だった祖父ですが、何名か親戚も集まってくれ、昔話に花を咲かせお見送りすることができました。
母は難しいのですが、家族葬を機に私たち兄弟と祖母の関係は修復できたように思います。

家族葬の一番大きな利点は料金の安さであると思います。
お金はあまりないけれど、少ない身内でささやかにお別れはしたい、という方にはおすすめできます。
私の祖父の場合、親戚がお経を読み、火葬をしたのみでしたが、お坊さんを読んで供養してもらうこともできるでしょう。

おすすめできない場合ももちろんあります。
それは、亡くなった方が多くの方と親交を持っていた場合です。
一般的な方はこちらに該当するのではないでしょうか。
たくさんの方が自宅に押しかけてはご近所にも迷惑が掛かってしまいますし、告別式を行うよりも多くの時間がかかってしまうかもしれません。
お別れをしたい、と思ってくださるたくさんの方々を思うと、通夜、告別式を盛大に執り行った方がお互いに負担は少ないかもしれませんね。