トイレは交換できることをご存じですか?

今更聞けないサービスの使い方

トイレの交換とは

トイレの交換とは

トイレは交換できることをご存じですか?
トイレは陶器で作られていることが多いですから、かなり丈夫な作りになっており、これが消耗品だとは感じられないことも多いでしょう。
しかし、トイレにも寿命があります。
その寿命は、概ね10年から20年程度だと言われています。

陶器で作られているタンクや便器自体は非常に頑丈で、ヒビや割れなどがない限り、20年以上使えることもあるのですが、問題は陶器以外の部分です。
トイレのタンク内にある無数の部品は、さすがに陶器製ではありません。
部品によってはずっと水の中に置かれているものもあり、これらは比較的早く寿命が来ます。
これらが傷むと、水が正常に流せなくなったり、逆に水が止まらなくなったりします。
また、トイレの配管にも寿命があります。
配管が傷むとそこから水が漏れ、トイレ周りの大きなトラブルとなることもあります。

このように、トイレを問題なく使用しつづけるためには陶器以外の部品も重要です。
それら部品の寿命は陶器よりも短く、トイレそのものを交換した方がいいときもあるのですね。
そのタイミングが、使い始めてからだいたい10年から20年なのです。
これくらいの時期を目安に、トイレそのものが交換されることは多いです。
トイレ自体にも寿命があり、交換もできることは、ぜひ覚えておいてくださいね。